レーザープリンターとインクジェットプリンターの違い

レーザープリンターは、レーザーを使って用紙にインクを定着させる印刷方法です。インクジェットプリンターは、インクを直接用紙に吹き付けることで印刷を行います。日頃あまり意識することは少ないですが、一般的に家庭で使われているものの多くはインクジェットプリンターで、オフィスで人気があるのがレーザープリンターです。それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った印刷方式を選ぶといいでしょう。きれいに写真を印刷したい場合や、大量にプリントする場合などで、得意なプリンターは変わってきます。会社で多くのプリントをする場合は、印刷コストの問題もあるでしょう。インクの交換などの手間も必要です。導入にかかる費用と、ランニングコストを比較するといいでしょう。

インクジェットプリンターの特徴

インクジェットプリンターは、インクを直接吹きかけるという方式なので、色の再現性が高く、写真などの印刷に向いています。普通紙を使うと、インクがにじんでしまう面もありますが、専用の用紙やプリンターの設定をすることで、美しい印刷が可能です。また、本体の単価が安く、コンパクトだというメリットもあります。消費電力も少ないですが、コンパクトということで、インクのカートリッジも小さくなるので、交換頻度は高くなります。印刷枚数が多くなればなるほど、1枚当たりの単価は高くなってしまいます。印刷枚数が少なく、きれいに発色させたい場合に向いている印刷方式と言えます。主に家庭用に普及していることが、この特徴からもよく分かります。最近は写真向けの用紙などたくさんの種類が販売されています。

レーザープリンターの持っている特徴

レーザープリンターは、普通紙でも色がにじまず、印刷速度が速いという特徴があります。印刷の定着もよく、長期間きれいな状態を保つことができますが、色の再現はそれほどよくありません。本体価格や交換するインクは高いですが、大量に印刷する場合、1枚当たりの単価は安くなるので、ビジネスにおいてよく使われています。インクの詰まりや紙の詰まりも起こりにくいというメリットがありますが、本体そのものが大きいので家庭では扱いにくいかもしれません。最近は技術の進歩により、小型が進んでいますが、本体の価格や交換するインクは高価なままです。丈夫にできているので、使用しない期間があっても壊れにくく、鮮明な印刷を得ることができます。印刷する枚数が多い場合にメリットを感じられるでしょう。