インクジェットプリンターのコスト

家庭用のプリンターの代表格であるインクジェットタイプはもうおなじみになりつつありますが、本体価格も1万円を切るようなものも現れて、だいぶ安くなったと感じる方もいる事でしょう。気軽に購入をした後、どれぐらいコストがかかってくるのかそれほど考えていない方も少なくありません。インクがなくなればその都度交換しなくてはいけないので、インクそのものが高いとそれだけでコストがかなりかかってくると思っていいでしょう。また、印刷時に使う用紙も単なるコピー紙でいいのか、それとも写真やイラストなどを綺麗に仕上げてくれるような光沢紙を使うのか、用紙そのものも見直すことでコストダウンする事ができます。家庭用だとそれほど考えなくてもいい部分はありますが、少しでも節約を考えるなら覚えておきたいポイントです。

どんなインクを使うのか見直してみよう

インクジェットプリンターで使われているインクの種類も、お店に出かけてみるといろんなタイプがあるのが分かるでしょう。プリンターにも添付されていて普段使っているのは純正インクだという方も多いですが、他にも非純正インクとも呼ばれている互換インクやリサイクルインクなどもあるのですが、純正に比べるとこちらの方が価格も安いので、それならこちらを購入しようかなと考える方もいます。純正は価格も高いですが、トラブルがあった時には保証がついているので無償修理をしてもらえたりしますが、非純正は当然ながらそうした保証はありません。気軽にたくさん印刷する事を考えているのか、それとも純正できっちりと印刷をしたいのかは普段のプリンターでどれぐらいの量を印刷しているのかで考えてみましょう。

普段の使い方にも気をつけてコストダウンを

インクジェットプリンターは家庭であれば年賀状や季節の挨拶などの用途が中心となるので、毎日使うというようなオフィス並みの使い方はしないことが殆どです。その為、どのようなインクを使うのかをじっくり検討したら、利用する紙も用途に合わせて選びましょう。そして、プリンター本体のお手入れも適度に行う事も大事です。クリーニングの時にもインクを使うので頻繁にやりすぎるとインクを無駄にしてしまいますが、紙詰まりやインクの目詰まりを起こしやすい状態になっていると当然ながらインクを無駄遣いしてしまう原因となります。ちょっとしたことではありますが、保管の状態などにも気をつけながら、プリンター本体の状態にも目を向けて、より長持ちさせつつコストも無駄にしないように心がけましょう。